“塩”は高級歯磨き剤?

古代ローマ帝国の貴族たちは、つまようじを使い、
 
バラを粉末にした歯みがきや、ハツカネズミの頭蓋骨からとれる灰などで
歯の掃除をしていたそうです。
 
貴族たちが何故、歯のケアをきちんとしていたのか?
 
それは毎日の贅沢な食事、また運動不足から糖尿病になり
併発した歯周病に苦しむ貴族が多かった為だそうです。
 
さらに同じ貴族の中でも、皇帝や皇室のトップクラスは歯みがき剤として”塩”を使っていました。
 
当時の塩は一握り、毛皮一枚といわれるほどで、
現在のように食卓にいつでもあるものではなく、権力者しか口にできないほど高価な物だったそうです。
 
さすがの貴族も、高価な塩を歯磨きに使うことはできず、
塩で歯を磨くことに憧れたようです。
 
初代ローマ帝国皇帝オクタヴィアヌスのお姉さんが愛用していたようで
塩ハミガキ剤の処方が、現在も残っています。
 
古代ローマ人にとって、塩歯磨きは憧れのデンタルケアだったのですね。

診療予約はこちらから
当院は患者様をお待たせしないために予約制となっています。
診療予約はお電話またはWEBにて受け付けています。

027-393-6963

WEB診療予約はこちら

診療時間:平日:9:30~13:00 14:30~19:30 土曜:14:30~18:30
休診日:木・日・祝(祝日のある週は木曜診療)