歯磨きしているのに虫歯になる?

毎日歯磨きは欠かさないのに、虫歯ができてしまう!
お困りの方はいらっしゃいませんか?
まさにそうだ、という方は歯磨きをするタイミングをもう一度見直してみては?

一般的には毎食後の1日3回が多いと思いますが
虫歯を作る菌というのは、夜中の就寝中に口の中で繁殖します。
普段は口の中の環境を守る唾液も、就寝中は分泌が減ります。
そうなると繁殖した菌はそのまま口内で居ついてしまうわけですね。
起床時の口の臭い、日中より強く感じるのはこれが原因のようです。

これを考えると、歯磨きのタイミングは寝る前にできるだけ菌を除去するために1回、
そして起床後、朝食前に夜間繁殖した菌を除去するために1回、
このタイミングであれば効果的だと言えますね。

歯磨きの時間も見直してみましょう。
小さい頃には歯磨きは3分、と言われたことがありますが、
実際、しっかりと歯垢を落とすためには、10分から15分は必要なんです。

テレビを観ながら、ストレッチをしながら等、工夫しながらしっかり歯磨きを
毎日行って、できるだけ虫歯を防いでいきましょうね。

診療予約はこちらから
当院は患者様をお待たせしないために予約制となっています。
診療予約はお電話またはWEBにて受け付けています。

027-393-6963

WEB診療予約はこちら

診療時間:平日:9:30~13:00 14:30~19:30 土曜:14:30~18:30
休診日:木・日・祝(祝日のある週は木曜診療)