咬合紙(こうごうし)、ご存知ですか?

歯医者さんで詰め物をした後に、小さな紙を数回噛んでください、カチカチ… とした事がある方、多いと思います。  
 
あの小さい紙は「咬合紙(こうごうし)」と言われるもので、名前の通り、噛み合わせを確認する紙です。  紙を噛んだ後、上下の歯には赤く色が付きます。 
 
色のついた部分を削って、噛み合わせを調整するんですね。
反対に、噛んだ後に引き抜く事が出来れば、その部分は噛み合わせが合っていない、という事になるので、さらに調整します。  
もちろん、一旦削ってしまった歯は元に戻りません。
大事な目安になる咬合紙は、繊細な作業に不可欠な道具なのです。
 
噛み合わせは体にも影響が出るので、しっかり調整しなければなりません。
実際に調整をする事になった場合は、どんな小さな違和感でも遠慮せず 医師、衛生士に相談してくださいね。

診療予約はこちらから
当院は患者様をお待たせしないために予約制となっています。
診療予約はお電話またはWEBにて受け付けています。

027-393-6963

WEB診療予約はこちら

診療時間:平日:9:30~13:00 14:30~19:30 土曜:14:30~18:30
休診日:木・日・祝(祝日のある週は木曜診療)